ワンコイン古本紹介 仁どぐま

初めまして。古本大好き仁どぐま(じんどぐま)です。新刊を買う金はあまりない。図書館で借りて読むのはいやだ。そんな仁どぐまには古本は無くてはならないもの。特にワンコイン古本はお財布にやさしいので大好物です。オススメの古本を紹介していきます。よろしくお願いします。

OLD GAMES白書 VOL3 シュミレーション・アドベンチャーゲーム編 ブックオフ 500円

f:id:zindoguma:20190223001020j:plain

OLD GAMES白書 VOL3 シュミレーション、アドベンチャーゲーム編 メディアパル 2010年

 さーて、何から話しましょうか。何てったってシュミレーションゲームは仁どぐまの最も得意とするジャンルなんですね。ファミコンスーファミメガドライブ、プレステ、セガサターン、PCエンジンDUOR、ドリキャスネオジオCDゲームキューブ、プレステ2、Wiiプレステ3WiiU、プレステ4、ゲームボーイゲームボーイアドバンスワンダースワンPSP、DS、PSVITA3DSと家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機はもちろん、スマホのアプリゲーム、PC98の時代のPCゲームまで、いろいろなハードでゲームをやってきた仁どぐま。そのゲーム人生のほとんどをシュミレーションゲームについやしております。人間は体の約65%が水でできていると言われていますが、仁どぐまの体の約65%はシュミレーションゲームでできていると思います。絶対!

 この本は、ファミコンスーファミメガドライブPCエンジンのシュミレーションゲームとアドベンチャーゲームを紹介してくれる本です。キャッチコピーは、「伝説の神ゲーから脱力のクソゲーまで20世紀を代表する名作・奇作を大紹介」です。これは読みたいですよね。

 キャッチコピーから分かるように、たくさんの懐かしい名作から、「なんだコレ」と言う謎ゲーまで、しっかりと紹介してくれます。では、仁どぐまがハマった思い出深いオススメゲームを紹介していきましょう。

 「第3次スーパーロボット大戦」・・・・スーファミにハードが変わった記念すべき作品。機体の改造ができたり、シナリオ分岐でマルチエンディングになったりと、本当に画期的でしたね。でも難しくて、何度もリセットをしてやった覚えがあります。ちなみに第4次は次に思い出深い作品。主人公の名前を下品な名前にして周りのキャラに喋らせて悦に入ったり、オーラバトラーの強さを堪能したり、・・・。おもしろかったなぁ。

 「信長の野望 武将風雲録」・・・・信長の野望は、PS4の創造までやっていますが、未だにコレを越える信長の野望はないと思います。まず、BGM。菅野よう子さん作曲の曲がまたいい。信玄、謙信、信長、それぞれの曲、いいですよね。CD買っちゃいましたよ。そして、茶器と茶会、鉄甲船の強さ、武将のアニメーション、すべて最高。ちなみに仁どぐまは、信玄プレイ派。だって強いんだもん。音楽も信玄のBGMは妙に耳に残るんですよ。

 「三国志Ⅲ」・・・・三国志Ⅲは三国志シリーズで大好きな1品。「昔やった懐かしい作品」だからなのか、単純にやり込んだ時間が長くクサレ縁なのかは分かりませんが。(多分両方)上記の信長の野望武将風雲録もそうですが、当時の友だちと一緒にわいわいプレイした(当然オンラインではなく1つの画面をみんなで共有)楽しい思い出がやはり一番ですね。ちなみに仁どぐまは曹操プレイ派です。

 「ベストプレープロ野球」・・・これは懐かしい。エデット機能を使い、友だちと1人1球団をつくって、130試合のペナントレースをよくやりました。データを「Sは10個まで、Aは20個まで」、などどルールを決めて共有し、学校行っている間もつけっぱなしでペナントレースやって、チーム優勝や本塁打王防御率などを競いあっていました。SやAばっかりの選手が意外とダメだったり、CやDばっかりの選手が活躍したりと、どんでん返しがおもしろかったですね。本当に懐かしいなぁ。

 「伝説のオウガバトル」・・・はい、コレハマりました。ちょーハマりました。深夜遅くまでやって、学業に支障をきたしました。今で言う「ゲーム依存症」ですね。ちなみに好きなキャラはミザール、好きな職業はプリンセス好きなタロットカードは、エンプレスですね。

 「半熟英雄」・・・・これ、衝撃的でしたね。エッグモンスター、切り札、いたるところにあるギャグ、ボタンを押す適切なタイミングがイマイチわからんバトルなどです。楽しい要素満載。よくやりましたね。ヴィーナス将軍強いから大好きです。

 「ファミコンウォーズ」・・・「ファミコンウォーズが出るぞー♪」と映画フルメタルジャケットで登場する新兵の訓練のようなCM、覚えていますか。当然買いました。既に大戦略をPCで経験済みの仁どぐまには「戦車A」、「戦車B」などと、実名でないのは正直興ざめでしたが、当時の友だちと対戦プレイを自分の家でできる(PCは高価なので友だちの家でしか大戦略はできない)ことは有意義でした。とにかくミリタリー好きの仁どぐまは、「ファミコンウォーズ」でもミリタリーならOKだったんですね。

 「ガチャポン戦記2カプセル戦記」・・・これ、これ。「キン肉マンマッスルタッグマッチ」とともに、今でもたまにやりたくなります。仁どぐま世代の対戦ゲームと言えば、「マリオブラザーズ」、「マッスルタッグマッチ」、「カプセル戦記」でした。まさに三種の神器。基本シュミレーションに、バトルはアクションということで、最後はテクの世界。武者Zが強かったなぁ。

 「ときめきメモリアル」・・・うーん、正直紹介するのはハズいけど、ハマったのも確か。艦これをバカにしていたd仁どぐまが、今では艦これ、艦これ改をやっているのと同じ状況が、過去にもあったのですね。ちなみに全員に告られましたよ。当然やり込みましたから。誰にもコクられなかったときにエンディングで流れる「女々しい野郎どもの歌」も聞きましたよ。一番の好みは当時は清川さん。今は朝比奈さんかな。

 「キングオブ・キングス」・・・このゲーム、超優秀ですね。今でもVITAでたまにやります。まず単調で耳に残るすばらしいBGM。中毒になります。都市を占領するときの音楽を口ずさみながら、あの占領ポーズをするという遊びが当時友だちと流行っていました。幼稚ですね。ゲームシステムもわかりやすく、それでいてユニットが進化するので奥が深い。でもキャンペーンモードでもキャラの持ち越しはできないので基本一面限りの使い捨て。でもおもしろい。やっぱりおもしろい。ちなみに好きなキャラはやあっぱり「ハーピー」ですね。

 いやー、まだまだあるんですが、全部書き切れないですよ。この本を、見ていてやっぱり昔のゲームっていいゲームいっぱいあったんだなぁ、奥が深いなぁと思います。ぜひオススメです。

アドバンストワールドウォー 千年帝国の興亡 PANZER LEADER ブックオフ 500円

f:id:zindoguma:20190220222345j:plain

アドバンストワールドウォー 千年帝国の興亡 PANZER LEADER アスペクト 1997年

 ブックオフは100円ワンコイン本が豊富で大好きですが、ゲームの攻略本コーナーだけは、あまりお得感がない値段設定ですね。100円ワンコイン攻略本はほとんどありません。

 この本は、セガサターンの「アドバンスト大戦略千年帝国の興亡」の攻略本です。章立ては全部で3章構成です。第1章「人物・歴史編」、第2章「攻略編」、第3章「データ」編です。攻略情報だけでなく、第1章ではドイツ陸海空軍についての基本情報や、著名な将軍、撃墜王、実際の作戦などに触れています。2章の攻略編では、マップごとに基本データや攻略法を紹介。第3章のデータ編では登場国ごとに兵器を紹介。

 とてもよくできた本だと思います。実は仁どくまは、このゲームが大好き。はっきり言ってこのゲームするためにセガ・サターン買いました。何がいいって?やっぱり音楽と実在の将軍(リアルな写真)、よいです。特に音楽。なんと「パンツァー・リート」が流れるんですよ、歌入りの。(歌詞が1番のくり返しですが)これは、映画「バルジ大作戦」にハマった仁どぐまにとってある意味麻薬。1も2もなく買っちゃいました。

 当時寝ないでゲームした思い出がなつかしい、そんな本ですね。

 

 

ドラゴンフォース 公式ガイドブック ブックオフ 500円

f:id:zindoguma:20190219234751j:plain

ドラゴンフォース 公式ガイドブック ファミ通書籍編集部 アスペクト 1996年

 みなさん、「ドラゴンフォース」っていうゲームをご存じですか。セガ・サターンのゲームで、一言でいうと「半熟英雄」みたいな感じのシュミレーションRPGゲームです。発売当時「100VS100の戦闘シーン」が売りでした。
 レジェンドラ大陸の統一と、邪神マドルグをやっつけるのが目的です。仁どぐまはいつも「イズモ国」でプレイします。「サムライの国」、あきらかにジャパーン。いやー、日本でプレイ、いいですね。主人公は「ミカヅキ」、部下には「シオン(くのいち)」、「ジュウベイ(さむらい)」、「ハヤテ(にんじゃ)」など、気分を盛り上げてくれるキャラが。サムライの必殺技は「ソニックブーム」、ガイル少佐と同じですね。(彼はサムライの末裔なんですね)

 周りの国を攻めて、城を落として、という様にだんだんと領地を広げ、新たな武将を雇ったり、捕虜にした武将を仲間に加えたりしながら戦力を拡大し、統一をめざします。そのうち、ストーリーが進み始め、闇の軍団が現れます。

 ウザいのは「どくろ党」です。いわゆる盗賊。どこの陣営にも属していないフリーな存在なので、突然、敵と接していない内地の城近くの道に湧き、城を攻めてきます。敵勢力の近くじゃないところは、比較的手薄になっているはず。そこを狙って湧いてきますよ。ウザいです。マジで。

 いやー、この本を手に入れて、狂喜乱舞しました。だって、リアルに今PS3でやっているんだもん。おもしろいゲームなのでぜひやって欲しいですね。個人的にはドラゴンフォースⅡをハードオフで見つけて買いたいと思います。

 

 仁どぐまは、PS3でもやっています。プレイステーションアーカイブスとして配信されているのです。

 

きれいなお城の恐ろしい話 ブックオフ 100円

f:id:zindoguma:20190218225229j:plain

きれいなお城の恐ろしい話 桐生操 ワニ文庫 2004年

 

 表紙はメルヘンな感じで、なかなかいいですよね。手に取った時、「なんかミステリー系、心霊系のお話なのかな」なんて期待した仁どぐま。ペラペラしてみると・・・。あー、またもやソッチ系ですか。いやー、参りますねソッチ系。

 この本は、古今東西の世界の悪人10人のすさまじい悪行を書いた本になります。歴史上の有名人から、シリアルキラーサイコパスまで、うーん、かなりヘビーです。みな様なかなかイッちゃってますね。ヤバいです。題名を挙げると・・・・

 ①ロシアを血に染めた暴君 イヴァン雷帝

 ②歴史を魅了した女王  クレオパトラ

 ③快楽に溺れた美しき少年皇帝  ヘリオガバルス

 ④皇后になった女奴隷  エーメ・デュブック

 ⑤スカートをはいた剣の達人  デオンの騎士

 ⑥宿命に翻弄された悲劇の美女  ルクレッツァ・ボルジア

 ⑦人肉を愛した●人マシーン  ジェフリー・ダーマー

 ⑧子どもを虐●した女●人鬼 マイラ・ヒンドレー

 ⑨●問を繰り返した地下室の悪魔  ゲイリー・ハイドニク

 ⑩少●の肉を煮て食った男  アルバート・フィッシュ

 うーん、題名が伏せ字じゃなきゃ紹介できないって・・・・、どんだけヤバい人たちなんですか。まじ㋖ですよ。

 特に印象に残った㋖は⑦のジェフリー・ダーマーですね、ミルウォーキーの食●鬼として有名ですね。その昔デアゴスティーニから「マーダーケースファイル」というのが出ていて、それに載っていたのを思い出しました。そのときはチラッと見ただけなのでよく内容は理解していませんでしたが、「ミルウォーキーの食●鬼」というおどろおどろしいニックネームがインパクトがあったのを今でも覚えています。「マーダーケースファイル」欲しくなりました。

 うーん、ダーマーくん、ヤバすぎて詳しく説明したくないですね。ウィキにも載っているのでぜひ興味のある方はググってください。

 やはり仁どぐまの母の名言「世の中で一番恐ろしいのは幽霊やお化けではなく人間である。」が心に響きますね。皆さんも戸締まりしっかりしてお休みなさい。

 

 

 

 

武田家臣団 信玄を支えた二十四将と息子たち ブックオフ 100円

f:id:zindoguma:20190218223323j:plain

武田家臣団 信玄を支えた二十四将と息子たち 近衛龍春 学研文庫 2006年

 みなさん、戦国武将で誰が好きですか?織田、徳川、豊臣、上杉、北条、武田、島津、竜造寺、大友、長宗我部、毛利、南部、伊達、蘆名など戦国大名家はたくさんあり、戦国武将もたくさんいますね。ちなみに仁どぐまは武田家が好きです。なんでかって?そりゃ、やっぱり信長の野望の影響ですね。武田の騎馬隊、強いですよ。信玄は能力値も高いし、配下の武将もすげーのばっかだし、国力がしょぼいけど、周りを攻めて取っちゃえばいいんですよ。ということで武田びいきな仁どぐまです。

 この本は、武田家の家臣団と信玄自身、信玄の2人の息子について書かれた本になります。信玄ちゃんは、なんで病気でお亡くなりになっちゃったのかな。生きてたら、ノブくんもやばかったでしょうね。それくらい、信玄公はすごい方なのです。信玄桔梗餅を食べながら、じっくりと読破したい本ですね。

 この本の章立てとしては、6つに分かれており、「大将(もちろん信玄公)」、「親族衆(テンキュー様とか)」、「譜代家老集(板垣さんとか)」、「股肱重臣衆(いわゆる馬場さん、山県さん、高坂さんたち)」、「侍大将(勘助、内藤さん、真田さんたち)」、「お子様たち(義信、勝頼)」と、それぞれ武将のおいたち、エピソード、活躍を載せています。全部で27人(信玄公+24将+息子2人)のドラマが生き生きと描かれております。

 やっぱり、信玄公、部下もすごいし、ご本人もハンパないですよ。「御旗盾無し御照覧あれ」ですよ。すきだなぁ、風林火山。「人は城、人は石垣 etc」いいですよね。

 武田二十四将について、また信玄や2人の息子について、戦国大名武田家の武将たちのすべてがわかる本です。オススメです。

 

 



 

OLD GAMES 白書 VOL.2 ロールプレイングゲーム編 ブックオフ 500円

f:id:zindoguma:20190218211711j:plain

OLD GAMES 白書 VOL.2 ロールプレイングゲーム編 メディアパル 2009年 

 ロールプレイングゲームと言えば、「ドラクエ」、「F・F」ですね。王道です。皆さんはどちらがお好きですか。仁どぐまは、王道なRPGをあまりしないので、よくわかりません。ただ、仁どぐまの弟はF・Fが好きでしたね。

 この本はファミコンスーパーファミコンメガドライブPCエンジンの名RPGソフトを紹介してくれます。章立てとしては、VOL.1のアクションゲーム編がハードごとに紹介していたのに対し、今回はハードはごちゃ混ぜ、タイトルごとに順番に紹介してくれます。(たとえばドラクエならⅠ~という風に)

 何度もお話ししていますが、仁どぐまは、シュミレーションゲーム好きなので、RPGはあまりやりません。レベル上げなどが嫌いなのです。「ゲームをやらされてる感」がありません、レベル上げ?なのでほとんどやらないのですが、例外もあります。以下の5つは、仁ドグマの大好きなRPGです。

(1)ウィーザードリィ外伝Ⅱ・・・ゲームボーイ

 とにかく、人生で一番ハマりました。仁どぐまがWizの世界に初めて足を踏み入れた記念すべきゲーム。自由度の高いキャラメイクや、転職など、これまでの仁どぐまのRPGの概念を根本的に覆した作品ですね。ハマりました。今でも所有しています。

(2)サガ2・・・ゲームボーイ

 これは弟がハマっていたのを見ていて、自分もハマりました。人がやっているのを見ていてハマっちゃうってありますよね。その典型的なヤツです。このサガ2は武器に回数制限があり、斬新でしたね。難易度も高くなくて楽しかったです。

(3)ロマンシング・サガ・・・スーパーファミコン

 これは仁どぐまのスーパーファミコンのデビューソフトです。サガ2,サガ3とゲームボーイでやってからのステップアップ。いやー、評価のわかれるゲームですが、私は好きでしたね。個人的にはシフが好きですね。まぁアルベルトが無難なんですけどね。

(4)真・女神転生・・・スーパーファミコン

 これもハマりました。仁どぐまは、心霊や妖怪など、ミステリー系なんかが好きなんですね。なので、このジャンルはドハマリでしたね。個人的にはロウ・ルートでクリアしたい派なのですが、リリスさま(ゆりこ)が素敵すぎて、カオス・ルートでもいいかな、なんて思って悩みましたね。悪魔の合体も楽しい要素のひとつでした。

(5)ウルティマ・・・ファミコン

 これは懐かしい。友だちの家に毎日お邪魔してやらせてもらっていましたね。職業が選べるんですよ。盗賊とか。本当に懐かしいなぁ。この本を見て、再び手に入れたいとおいう欲望がみなぎってきました。

 みなさんも、なつかしいRPGをもう一度ふり返ってはいかがですか。中古市場の情報(過去のものだから古いか)や他ハードへの移植情報なども掲載されているのでよいと思います。オススメです。

 

OLD GAMES 白書 VOL.1 アクションゲーム編 ブックオフ 500円

f:id:zindoguma:20190218205314j:plain

OLD GAMES 白書 VOL.1 アクションゲーム編 メディアパル 2009年

 みなさんゲーム大好きですよね。最近はオンラインゲームか、スマホのアプリゲームですが、やっぱりがっつり家のテレビでゲームしたいときは、「OLD GAME」ですね。古き良き時代の素晴らしきゲームたち。仁どぐまも根っからのゲーマーですから、たくさんの素敵なゲームたちにお世話になってきました。

 この本は、古き良き時代の「オールドゲーム」たちを紹介する本です。VOL.1の本巻では、アクションゲーム特集となっております。ファミコンスーファミメガドライブゲームボーイ、PCエンジンのアクションゲームを100本超紹介しています。もう仁どぐまは、わくわくです。普段、オールドゲームの攻略本をアルバム代わりにして古き良き時代を懐かしんでおりますが、この本は、1冊で過去の素晴らしきゲーム人生をふり返ることができます。「あぁ、これやった」、「持ってたなぁ」、「友達んちでやったなぁ」、「これねー、欲しかったなぁ」など、当時の思い出がフラッシュバックします。またあ、「こんなゲームあったんだ」、「ハードオフで今度見かけたら買おう」などど、これからの野望も湧いて参ります。

 章立てとしては、「ファミコンソフト」、「スーパーファミコンソフト」、「メガドライブソフト」、「ゲームボーイソフト」、「PCエンジンソフト」ごとにメジャーなソフトを紹介。(たまにメジャーじゃないのもありますよ)

 ファミコンでは、やはり「マリオブラザーズ」ですよね、1983年発売です。仁どぐまは。アレは優秀なゲームです。2人で殺し合いも、協力プレイもできますね。わざとカニを怒らせてからバトル開始、相手の着地地点に入り込んで敵に誘導など、当時のバトルの様子が思い出されます。

 スーパーファミコンでは、「ストリートファイターⅡターボ」ですね。1993年発売です。いやー、あれはよくやりましたね。昇龍拳、手の指の皮がすり切れるくらいやりました。アーケードで悔しい思いをして買ったスーファミの「ストⅡ」は、お金をかけずに上達するための練習場のようなものでした。仁どぐまはケン派でしたね。実際はガイル少佐つかいでしたけど。

 メガドライブは、実は「アドバンスト大戦略」用にかったので、アクションはやりませんでした。この本を見て、「チェルノブ」と「幽遊白書」がやりたくなりました。

 ゲームボーイはやっぱり「サガ」シリーズと「ウィザードリィ外伝」シリーズ、聖剣伝説オンリーでした。スイマセン。

 PCエンジンは、実は持ってなくて、しばらくしてお金が自由になるようになってからPCエンジンDuoRを買ったクチです。

 懐かしいゲームたちや出会わなかったゲームたち、この本でいま一度触れて見てはいかがでしょうか。オススメです。